「自由」陶芸 安達保雄

 安達保雄 岡山の絵画教室(世話人 高田広之進)

 今日は、陶芸「自由」を発表します。

 この作品は、昨年の秋に制作しました。

 私はただ単に自由奔放な自由を表現したいのではなく、「不自由の中の自由」を表現してみたくなりました。

 人間だれしも何かしらのしがらみに縛られているものです。それは社会で生きていく上では当たり前のことですが、しがらみの中で不自由を感じるのではなく、しがらみがあるからこそ自由でありたいと願うと考えます。

 価値観は様々ですが、わたくし自身耐え切れない強い葛藤があり、ジレンマがありました。だからこそ幸せや自由を意識したのだと思います。

 猫は縛られることなく自由奔放に生きている象徴です。

 少なくともわたくしはそう思っております。(好き勝手発言宣言!!)

 それでは作品をどうぞご覧ください。

「自由」陶芸  安達保雄  信楽の土 
「自由」陶芸  安達保雄  信楽の土 

人物画の勉強会(岡山の絵画教室)

http://kaigakyoshitsu.jimdo.com/